Get Social

子育て中でもOK!内職の仕事アレコレと注意点

内職の今と昔は違う?

内職と聞くと思いつくのは造花作りですが、昔と違って依頼主自体少なくなっており中国や東南アジアなど人件費の安い所に押されています。昔から家で作業できる土産物などのキーホルダー作りやシール貼りなど細かい作業が現在でも依頼はありますが依頼主の近くに居住や受け取りなどが手渡し出来るなど条件が厳しく非常に難しくなっています。どこに住んでいても出来る内職として現在ではネットを使ったアンケートモニターやデータ入力などクラウドソーシングの作業が人気があり、需要も高いです。

子育て中でも時間の制限がない?

内職は家で出来る作業が大多数で、時間の縛りはありませんがノルマがあるのでノルマが達成できるか・1日何時間1週間トータルでどの位時間をかけて作業できるか考えて仕事を受注します。土日など家族で出掛ける可能性が高い曜日は作業出来ない事を見越して時間設定すると依頼主もいつ連絡が取れるか・1日どの位作業出来そうか考えて依頼できますので予め自分の作業タイムを設定するとベストです。クラウドソーシングなどパソコン作業ではネット環境などが大丈夫かチェックしておきます。

子育て中の内職の注意点とは?

子育て中の場合、子供が興味を持ってしまう商品のシール貼りや袋詰めは邪魔をされる可能性が高いので難しいですが、作業時間を子供が寝ている時間に設定する・商品を子供が触らないように別部屋を用意するなどの手間が必要になります。相場では手作業系では1個1円からあり、クラウドソーシングでは1件50円程度からありクラウドソーシングなどではパソコンがなくてもスマホがあれば出来る仕事もありますので身構える必要もありません。

主婦のパートは家計の助けになると同時に専業主婦の方よりも体を動かすので、日頃の運動不足を解消する役割もあります。

Comments are closed.