Get Social

見落とされがちなリスク介護費用を考えるときのポイント

人生の最後のステージで訪れる最大のリスクに対応

介護問題は多岐にわたりすぎていて解決しにくいなどと言われていますよね。とはいえ、解決法はそれほど特別なものではなく、実は介護問題の8割はお金の問題なのです。綺麗な表現ではありませんが、他の問題と同様に介護についても多くの場合はお金で解決できるといでるでしょう。少々乱暴に感じるかもしれませんが、実際にお金のマネジメントを誤らなければ問題の8割は解決することができます。問題は山積みですが、だからこそあえて、経済的な視点からドライにアプローチしてみることが必要でしょう。

介護費用を見積もるための4つのポイント

介護を取り巻く環境は今後はさらに厳しいものになるでしょうから、それ相応の準備が必要になることは当たり前ともいえます。各団体や組織から様々な介護に関するデータはありますが、あまりに多くのデータがあるとかえって混乱してしまうでしょう。不確実な将来のプランを構築するにあたって、細やかな値は意味を持たないので、大きな指針を適切に判断できれば、あとの枝葉はその後、考えればいいのです。要支援や要介護認定者はどれくらいいるのか、何歳くらいから認定者となるのか、何歳くらいまで生きるのか、どのくらいの費用がかかるのか、この4つのポイントをおさえておきましょう。

死亡リスクよりも介護費用リスクのほうが大きい

また、生命保険の加入動機については多くが、残された家族のためと家族愛に満ちた回答をされます。もしこの家族愛が本心なら介護費用についても同様の理由から備えなくてはならないでしょう。確かに自分の死亡によって家族は取り残されますが、介護状態になっても同じことがいえるからです。よく介護される本人が死んだも同然などと言いますが、死んだも同然では死亡保険はおりませんよね。死亡リスクに備えて保険に加入している人は多いですが、介護費用リスクに備えて保険に加入している人は多くはないうえ、死亡後の費用よりも介護費用のほうがはるかに深刻であることを覚えておきましょう。

接客業経験がある人が介護に就職するとコミュニケーション能力が高いので、すぐに利用者と信頼関係を築く事が出来ます。

Comments are closed.