Get Social

転職には、辞表を出すタイミングが必要なのです

理想的な転職のための辞表の出し方

転職をしたいと思っても、会社に辞表を出す理想的なタイミングがあるのです。それは、すでに転職先が決定し、先方の入社日を「すみやかに退職してから出社してください」との了解を取ってから辞表を出すことです。辞表を提出してから2週間は就業規則で縛られているので、即退職はできません。最低でも2週間の間は次の会社に出社できないと考えておくことです。また、業務の引継ぎに時間を要するような場合には、その日数だけ伸ばすことも必要となります。

転職先が決まっていない場合の辞表の出し方

転職活動を休みの日や退社後に行ったり、知人に依頼して面接などをしているが、まだ決定はしていない時の辞表の出し方もタイミングが必要です。少なくても、上司や会社の同僚などに転職を知られると、嫌がらせが起こらないとも限りません。面接を受けると興信所などを使って在籍会社の調査を行うもので、印象を良くしておかなければなりません。辞表を出すタイミングは、月末などの会社の区切りの良い月日に、「一身上の都合」で出すことです。理由を聞かれると「いろいろと考えることがありまして」と明確な応えをしないことです。

トラブルになり転職を決意したときの辞表の出し方

売り言葉に買い言葉で、辞表を出す決意をすることはサラリーマンであれば一度や二度はあるものです。ところが、このような時にも辞表を出すタイミングというものはあるのです。感情的に辞表を叩きつけたいと思うものですが、転職先も決まらないのに、出しても相手の思う壺なのです。辞表を出す代わりに、転職活動を始める日と決意することです。そうして、転職先が決まったら退職日を自ら決めて、2週間前に上司の机の上に辞表を置くことです。

営業の転職サイトでは細かい条件をして様々な仕事を見つけることが出来るので理想の職場に応募が出来ます。

Comments are closed.