Get Social

保育士の内容を知って資格取得を目指そう!

そもその保育士の資格とは?

子供と関わる仕事をしてみたい!と保育士になりたいと考えている人も多いでしょう。しかし保育士とはどのような資格なのか詳しく知らない人もきっといますよね。保育士の資格は国で認められている国家資格になるので、この資格を持っていると保育園などで働けるようになります。実は同じ子供に関わる仕事である幼稚園教諭とは違うのですよ。保育士は厚生労働省管轄の資格であり、幼稚園教諭は文部科学省の管轄の資格なので知っておきましょう。

保育士の資格を取得する方法とは

保育士の資格を取りたいと考えた場合、どうすれば取得できるのか気になりますよね。取得方法にはまず厚生労働大臣に指定されている大学、短大、専門学校などの学校で学び取得するという方法です。そしてもう1つは国家資格である保育士試験を受ける方法があります。保育士試験を受けるためには条件があり、保育士とは関係のない大学、短大、専門学校を卒業していても受ける事ができます。また平成3年3月31日以前に高校を卒業している方や児童福祉施設での事務経験がある場合も試験を受ける事ができるのですよ。

現代では男性でも保育士になれる

保育士は実は昔は保母さんと呼ばれていた仕事なのですよ。保母さんなら聞いたことがあるという人も多いと思いますが、以前は女性の仕事だったのです。しかし1985年の男女雇用機会均等法によって女性だけでなく男性でも目指す人が増えていったのです。その後名前は保母から保育士に改定されていき、現代では男性も多く保育士として活躍しているのです。保育士試験を受けられる条件にあてはまっていた場合には資格取得を目指して見ましょう。

保育士という職業は、需要が高まっている職業のひとつでとてもやりがいのある仕事です。少子化と言われていますが保育園に通わせる子どもも増えているので、保育士の求人のこれからは将来性がある職業です。

Comments are closed.