Get Social

保育士免許(資格)取得の方法と取得後のメリット

保育士養成課程を修了して免許をとる

保育士免許(資格)を取得する方法は大きく分けると二つあります。その一つが保育士養成課程を修了するという方法です。厚生労働省の指定保育士養成施設に通って所定の単位を取得することで免許(資格)を取ることができるでしょう。ただ、4年生大学以外の養成施設の場合、昼間の学校の場合は2年間、夜間や通信の場合は3年間の養成課程を受ける必要があるとされています。学校に入る前から保育士になることを決意している場合は一番の近道となる方法でしょう。

保育士試験に合格する

厚生労働省指定の保育士資格養成課程を修了していなくても、保育士になる道は開かれています。それが試験を受けて合格するという方法です。毎年1回行われる保育士試験に合格すればいいのです。注意点は、この試験には受験資格が必要になっているということです。また、実務経験は必要とされていますので、児童福祉法によって設立されている認可施設で一定要件を満たしながら2年間の実務経験を積むことが求められる場合があるでしょう。

保育士資格を取るメリットとは?

無事に保育士の免許(資格)とれたら保育士として働くことができますが、保育士のメリットを免許をとる前に知っておくといいでしょう。まず子供の好きな人にとっては常に子供と接することができるというメリットがあります。同時に子供の成長を見ることができる楽しみもあるでしょう。さらには、親に感謝される仕事であり世の中の役に立っていることが直接実感できるという点もメリットでしょう。また、資格があれば保育園以外の働き口も期待できます。

保育士の求人を神奈川で仕事をしたいと考える場合には地域の情報が掲載されている情報サイトを活用すると良いでしょう。

Comments are closed.