Get Social

夏は遊びたいし働きたい!そんな学生にうってつけのリゾート地

長くて短い大学生の夏休み

日本の大学では一般的には一ヶ月をゆうに越える夏休みが提供されており、長い大学では二ヶ月を越える場合もあります。そういった長い休みがあるのは学生のうちであることから有効活用したいと考えるものです。しかし、やりたいことを全部こなすには割と短いものであるのも事実です。遊びたい、バイトをしたい、インターンに行きたい、留学したいといったようにやりたいことを列挙するととても収まりきりません。そのため、うまく都合をつけて効率的にやりたいことをやるのがよいでしょう。

バイトと遊びを一緒に実践

若い大学生が目下やりたいと考えることはバイトで稼ぐことと休みを遊んで満喫することでしょう。夏だからリゾート地へ行って海で遊びたいというのも当然のことです。限られた時間しかない夏休みなので、それらをまとめて行ってしまうのが効率的な手段です。夏の海は繁忙期なので海の家や旅館等にバイトの求人が多く、そういったところで住み込みで働くことができます。休憩時間には海で遊ぶこともできるのでバイトと旅行を同時に満喫できるのです。

毎年バイトをすれば各地で楽しめる

4年間大学に通えば4回の夏休みを経験することができます。それぞれの繁忙期に海のバイトをすれば宿泊費、食費、交通費が無料でバイト代までもらって4つの地で夏休みを楽しむことができるのです。沖縄に行ったり、各地のリゾート地に行ったりして日本の良い観光地での仕事と遊びを同時に満喫できるのは学生ならではの贅沢に違いありません。それを4か所の違う地で楽しむことができるというメリットは生かさなければもったいないと考えるべきでしょう。

スキー場などのレジャースポットで、趣味と実益を兼ねて、楽しみながら働けるのがリゾートバイトの特徴です。

Comments are closed.