Get Social

子育て中でもOK!内職の仕事アレコレと注意点

内職の今と昔は違う?

内職と聞くと思いつくのは造花作りですが、昔と違って依頼主自体少なくなっており中国や東南アジアなど人件費の安い所に押されています。昔から家で作業できる土産物などのキーホルダー作りやシール貼りなど細かい作業が現在でも依頼はありますが依頼主の近くに居住や受け取りなどが手渡し出来るなど条件が厳しく非常に難しくなっています。どこに住んでいても出来る内職として現在ではネットを使ったアンケートモニターやデータ入力などクラウドソーシングの作業が人気があり、需要も高いです。

子育て中でも時間の制限がない?

内職は家で出来る作業が大多数で、時間の縛りはありませんがノルマがあるのでノルマが達成できるか・1日何時間1週間トータルでどの位時間をかけて作業できるか考えて仕事を受注します。土日など家族で出掛ける可能性が高い曜日は作業出来ない事を見越して時間設定すると依頼主もいつ連絡が取れるか・1日どの位作業出来そうか考えて依頼できますので予め自分の作業タイムを設定するとベストです。クラウドソーシングなどパソコン作業ではネット環境などが大丈夫かチェックしておきます。

子育て中の内職の注意点とは?

子育て中の場合、子供が興味を持ってしまう商品のシール貼りや袋詰めは邪魔をされる可能性が高いので難しいですが、作業時間を子供が寝ている時間に設定する・商品を子供が触らないように別部屋を用意するなどの手間が必要になります。相場では手作業系では1個1円からあり、クラウドソーシングでは1件50円程度からありクラウドソーシングなどではパソコンがなくてもスマホがあれば出来る仕事もありますので身構える必要もありません。

主婦のパートは家計の助けになると同時に専業主婦の方よりも体を動かすので、日頃の運動不足を解消する役割もあります。

バイトでの失敗!自分にあった仕事を選ぼう

体力を使う仕事での失敗

体力を使う仕事として有名なものは、なんといっても米運びですよね。一見米を運ぶだけの単純作業と考えて応募すると、痛い目にあいますよ!数十kgある米を何十回も持ち運びをしていると、次第に握力がなくなることに気づいてくるでしょう。そして、バイト終わりには全身筋肉痛になっているでしょう。ベテラン作業員でさえ、仕事終わりにはくたくたになるレベルです。つまり、中途半端な体力で米運びのバイトに応募すると、大変ですよ。

家庭教師バイトでの失敗

高給が得られるバイトの1つに家庭教師があります。しかし、自分が国立大学や有名私立大学に在学しているから、中学生や高校生に勉強を教えるのは簡単だと侮ってはいけませんよ。授業内容が大幅に変更されてしまう科目も存在し、いざ教えようとしても、こんなこと習っていないよと思うことがあるかもしれません。特に数学は、大幅に内容が変わっており、手も足もでない分野があることでしょう。応募の際に、どの科目なら教えれるか確認しましょう。

バイトで失敗しないために

バイトで失敗しないために、どのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。新しいバイトに応募するときは、友達や先輩、もしくはネットなどで情報を集めておくことが重要ですよね。事前に情報収集をしておけば、バイトを選びやすくなりますし、面接の際にも役立つことでしょう。また面接の際には、あらかじめ質問したいことを準備しておけば、仕事内容について細かく理解することもできますし、採用担当者から、やる気がある人だと思われるかもしれません。

飲食店は高校生や大学生の人々にとって社会の入口として人気の職種です。そのため、アルバイトなど飲食店の求人は比較的倍率が低くなっています。

一人暮らしには便利なマンスリーマンション!

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションは、一人暮らしに最適であり短期間の契約となりますが、入居当日から家具が全てついてくるというシステムのマンションとなっています。その分家賃は高くなってしまうのですが、遠方から一人暮らしをするとなると引越しだけで料金がかかってしまうことがあります。そのために、マンスリーマンションに住むと便利であり、家電からクローゼットまで様々な家具が付いているために便利ですよね。多くの人から注目されていますから、早めの予約が必須ですよ。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションのメリットは、自分の家具を揃える必要がないために新生活を始めたいと思っても、初期投資を必要としないということが挙げられます。家具が最初から家にあり、業者によってはアメニティも全て揃っていることもあるために、便利ですね。他には、他の家に引越しをすると決まった時には、そのまま退去が可能だということです。自分の家具を置いていない限りは、特に引っ越すときに手間がかからないために、便利です。

短期間での契約も可能

マンスリーマンションは、普通のマンションに比べると長期的な契約ではなく短期間の契約も可能となっています。最短で一日での契約が可能であり、遠方から来てホテルがないといった場合にはマンスリーマンションを借りるというのも一つの方法ですよ。また、二年間契約をしていても途中で引越しが決まった場合には、その時に契約を切ることが可能であるために非常に便利であり、節約するという意味でもマンスリーマンションは便利ですね。

マンスリーマンション短期間でも契約ででき、テレビ、冷蔵庫などの家電が揃っています。出張や研修、学生の合宿などに活用されています。

美容師ってツライけど楽しい!☆アシスタント時代☆

よく聞く?!美容師の日常

美容師といえばキツイ、すぐ辞めていく、一人前になるまでがとにかくしんどいと、いうイメージが強い気がしますが、その通りです。朝誰よりも早く店に来て朝練、営業中はずっと気を抜けないし、やっと最後のお客様が帰られたと思いきやそこからが1日の始まりのようなもの。先輩の頭を借りてシャンプーやカラーのレッスン、ウィッグでひたすらアップやパーマの練習、気づけば終電ギリギリで、休みの日は講習へ行きできるだけ多くの知識を得て、天気の良い日は駅や街に出てモデルのハンティング。美容師が職種を変えてしまう理由のひとつに、思っていたよりハードという言葉をよく聞きますが、確かに客としての立場で美容院に行くと、何もかも美容師さんがしてくれて、2.3時間椅子に座っていれば髪の毛はサラサラになり、気持ちよくお店を出れます。実は美容師は営業中もとてもハードで、1人のお客さまが帰られるまでの数時間の間、ずっと手を動かしながら、お客さまと笑顔でお喋りをしているので、それを一日中となると終わったときの達成感はすごいものですよね。

お昼ご飯はどうしてるの?

美容院といえば朝から晩まで常にお客様がいるイメージですが、お客様はお昼の予約をとったとしてももちろんお昼ご飯を食べてからお店に来るので、お腹がすくことはありませんが、美容師側はどうなのでしょう?お店によって大分異なるようですが、大きい店舗ではたいていゴハンの時間を必ず1人1人もらえることが多いです。大きい店舗だと忙しそうな印象ですがその分スタッフが多いため、お昼ご飯の時間もとれるのですね。逆に小規模なお店の場合はのんびりしてそうに見えて、スタッフの数も少ないので実はすごくハード。繁忙期は毎日お昼を食べずに営業終わりまで仕事をすることも。

給料は低めだけど、、

美容師の給料はけして高くはありません。平均値よりも低めですが、美容院で働いている一番のメリットといえばやはり、自分のカットやカラーが無料でできることですね。2ヶ月に1回だいたい1万円前後の美容院代がなくなるのはスタイリストになっていない美容師にとっては嬉しいことです。職業柄、ファッションやメイクにもこだわりをもちたいもの。どうにか節約生活をしながら、若いアシスタント世代の美容師は日々働いているのです。

美容師の求人は見習い期間を設けてくれますから資格をとって魔もない場合でも学びながら働くことができます。

バイトをすることで人生に必要なことを学べる

バイトをすることでお金の有難みがわかる

もう少しお小遣いがあれば、好きな服を買ったり、楽しいイベントに参加することができると思い、学生の方も、バイトを始める方が多いと思います。バイトをすることは、社会経験として、とても良い経験になります。親からお小遣いをもらっている場合は、本当の意味でお金の大切さがわからないこともあります。自分で大変な思いをして、一生懸命頑張ることで得たお金は、有難みがわかるものです。苦労して得たお金を、大切に使う気持ちになれます。

色々な人達に出会える

バイトをすることで、普段知り合うことの出来ない人達と出会うことができます。その中では、社会経験豊富な人達と触れ合うことで、色々と考えさせられる出来事があると思います。お客様に対する態度や、言葉使いのマナーなど、学校では学べない沢山のことを、バイトをすることで、将来の為にも役立つことがあります。社会に出ると、本当に色々な人達がいて、良い先輩もいれば、厳しい先輩もいると思いますが、自分自身を反省して、成長していける場所になると良いですね。

社会の仕組みを学ぶことが出来る

バイトを経験すると、会社の仕組みや、利益などについて勉強になります。会社側のことや、お客様の立場などを深く理解して、自分がお客様の立場なら、どんな対応をしてもらいたいかなど、考えることが出来ます。また、お客様からのクレームの対応をすることがあるかもしれませんが、そんな時どのような対応をすれば、満足してもらえるかということを、実際に経験することで、反省することができます。若いうちに、バイトで経験したことは、大きな学びとなり、成長させてくれます。

ドコモのお店で従業員として接客業をすることができるドコモの求人は、ドコモのお店で受付をしているのです。

見落とされがちなリスク介護費用を考えるときのポイント

人生の最後のステージで訪れる最大のリスクに対応

介護問題は多岐にわたりすぎていて解決しにくいなどと言われていますよね。とはいえ、解決法はそれほど特別なものではなく、実は介護問題の8割はお金の問題なのです。綺麗な表現ではありませんが、他の問題と同様に介護についても多くの場合はお金で解決できるといでるでしょう。少々乱暴に感じるかもしれませんが、実際にお金のマネジメントを誤らなければ問題の8割は解決することができます。問題は山積みですが、だからこそあえて、経済的な視点からドライにアプローチしてみることが必要でしょう。

介護費用を見積もるための4つのポイント

介護を取り巻く環境は今後はさらに厳しいものになるでしょうから、それ相応の準備が必要になることは当たり前ともいえます。各団体や組織から様々な介護に関するデータはありますが、あまりに多くのデータがあるとかえって混乱してしまうでしょう。不確実な将来のプランを構築するにあたって、細やかな値は意味を持たないので、大きな指針を適切に判断できれば、あとの枝葉はその後、考えればいいのです。要支援や要介護認定者はどれくらいいるのか、何歳くらいから認定者となるのか、何歳くらいまで生きるのか、どのくらいの費用がかかるのか、この4つのポイントをおさえておきましょう。

死亡リスクよりも介護費用リスクのほうが大きい

また、生命保険の加入動機については多くが、残された家族のためと家族愛に満ちた回答をされます。もしこの家族愛が本心なら介護費用についても同様の理由から備えなくてはならないでしょう。確かに自分の死亡によって家族は取り残されますが、介護状態になっても同じことがいえるからです。よく介護される本人が死んだも同然などと言いますが、死んだも同然では死亡保険はおりませんよね。死亡リスクに備えて保険に加入している人は多いですが、介護費用リスクに備えて保険に加入している人は多くはないうえ、死亡後の費用よりも介護費用のほうがはるかに深刻であることを覚えておきましょう。

接客業経験がある人が介護に就職するとコミュニケーション能力が高いので、すぐに利用者と信頼関係を築く事が出来ます。

転職には、辞表を出すタイミングが必要なのです

理想的な転職のための辞表の出し方

転職をしたいと思っても、会社に辞表を出す理想的なタイミングがあるのです。それは、すでに転職先が決定し、先方の入社日を「すみやかに退職してから出社してください」との了解を取ってから辞表を出すことです。辞表を提出してから2週間は就業規則で縛られているので、即退職はできません。最低でも2週間の間は次の会社に出社できないと考えておくことです。また、業務の引継ぎに時間を要するような場合には、その日数だけ伸ばすことも必要となります。

転職先が決まっていない場合の辞表の出し方

転職活動を休みの日や退社後に行ったり、知人に依頼して面接などをしているが、まだ決定はしていない時の辞表の出し方もタイミングが必要です。少なくても、上司や会社の同僚などに転職を知られると、嫌がらせが起こらないとも限りません。面接を受けると興信所などを使って在籍会社の調査を行うもので、印象を良くしておかなければなりません。辞表を出すタイミングは、月末などの会社の区切りの良い月日に、「一身上の都合」で出すことです。理由を聞かれると「いろいろと考えることがありまして」と明確な応えをしないことです。

トラブルになり転職を決意したときの辞表の出し方

売り言葉に買い言葉で、辞表を出す決意をすることはサラリーマンであれば一度や二度はあるものです。ところが、このような時にも辞表を出すタイミングというものはあるのです。感情的に辞表を叩きつけたいと思うものですが、転職先も決まらないのに、出しても相手の思う壺なのです。辞表を出す代わりに、転職活動を始める日と決意することです。そうして、転職先が決まったら退職日を自ら決めて、2週間前に上司の机の上に辞表を置くことです。

営業の転職サイトでは細かい条件をして様々な仕事を見つけることが出来るので理想の職場に応募が出来ます。

ページ:1234